mayonaka

Your awesome Tagline

3,051 リアクション

『子供の科学』の中にあった言葉。
「夜は昼とは別の場所にある。本当は夜というのは時間ではなく場所だ。私たちは毎日、地球という星に乗って昼という場所からぐるりと移動して、夜という場所へ行く」 という言葉に感動している。
これは時間と空間の本質を捉えた、実はとてもすごい言葉だ
Twitter / Takao_Nukiyama (via igi)

(h-yamaguchiから)

454 リアクション

「動詞が活用しない!」と聞いてショックを受けた学生の何人かがはっと我に返って手を上げ、「それで、誰の行為なのか、ちゃんと分かるんですか」と聞くのも毎年のことだ。少しも慌てず、「分からなくてもいいんです」と答えて、学生にとっては初めての日本語文「tabe-masu」を板書する。ローマ字で書くのは、学生がまだ平仮名を知らないからだ。(平仮名はこの最初のクラスの後半からすぐ始める) 「tabe-masu」の文法説明はこうなる。「tabe」は動詞ですが、原形不定詞(manger/to eat)のようなもので、これだけではまだ文じゃありません。これを(肯定)文にするために「masu」をつけますが、これには「誰が」を示す人称語尾は全くありません。ここまで話してから、「さて、皆さん。この文の意味は何でしょう。仏訳してください」と質問をしてみる。

 すると、騒がしかった教室は一瞬沈黙に包まれる。虚を衝かれた学生に声が出ないのもその筈、仏語では「主語が選ばれないと動詞の形が決まらず、文が作れない」からである。この「主語によって、動詞の形が決まる」ことを「動詞の活用(人称変化)」という。日本語にはそれがないのだ。学生が困っているので正解を言おう。毎年、学生が目を丸くする答えはこうだ。  この文の意味は「Je mange. Tu manges. Il mange. Elle mange. Nous mangeons. Vous mangez. Ils mangent. Elles mangent. On mange.」のどれかです。でもそのどれかはこの文からだけでは分かりません。それを決定するのは文脈なんです。

2005年11月 - 金谷武洋の『日本語に主語はいらない』 (via otsune)

(shibatsから)

162 リアクション

何の分野にせよ、プロを目指す人ですら、夜は次の日の修行の事を考えて、朝には午後からの修行の事を考え、重ね重ね、「次はしっかりやろう」と考えるけど、次のことを考えてる時点で一瞬の怠け心が出てくる事に気づかない。目の前の事に必死になることは、何と難しいことなのだろう。(第九十二段)
Twitter / tsuredure_bot1 (via yellowblog)

(mekaraurokoから)

1,901 リアクション

例えば女性で「料理が上手い」とか「安らげる」とか「やさしい」「明るい」とかって、歳を取ることで磨かれる部分もあると思うんですが、そういった要素って「ジェンダーロールの押し付け」として排除してきた過去があるでしょ。結果的に、男性観点での女性の価値は「若さ」だけが残ったってことなんじゃないかな。
http://anond.hatelabo.jp/20120114210928 (via mcsgsym)

草食男子とか肉食女子って、その残った跡かな

(元記事: shibata616 (otsuneから))

241 リアクション

prostheticknowledge:

Pneumatic Sponge Ball Accelerator

Public installation by royrobotiks is a circulatory network vacuum that guides thousands of balls within it, a spiritual successor of his ‘Suck The Balls!' piece - video embedded below:

Here’s a video of the “Pneumatic Sponge Ball Accelerator”, installed at the Tschumi Pavilion in Groningen / The Netherlands. The apparatus contains 1000 black sponge balls, which are sucked through 150m of transparent pneumatic tubes with the power of a regular household vacuum cleaner. The balls travel with a speed of about 4m/s. Visitors can operate the machine with a touch sensor mounted on the pavilion’s front glass: They can change the direction of the airflow and watch the balls speed up, slow down and reverse.

You can find out more at Roy’s website here

443 リアクション

「半年前の情報がもう既に古い」「だから最新を」と書かれていたけれども、だったら今から学ぶ最新情報も半年後には役立たずだ。だったら、数十年前の情報で、今もまだ重要だと生き残っているものだけを学ぶ方が、ずっとマシではないか?

Twitter / colun (via valvallow)

本当にそう。見た目は変わり続けるけど、中身はわりと変わらないというか。以前は理論先行で速度が追いついていなかったアイデアが、どんどん手元で形になっていっている状態というか。

(via daxanya1)

(mekaraurokoから)

55 リアクション

cooking-recipes-jp:

見た目はポテトサラダ「豆腐とたまごのマヨサラダ」 - オレシピ - 俺のレシピはお前のレシピ-

豆腐とたまごのマヨサラダの材料
    木綿豆腐・・・・・・・・・・1丁
    ゆで卵・・・・・・・・・・2個
    玉ネギ・・・・・・・・・・1/4個(今回は新玉ネギを使用)
    きゅうり・・・・・・・・・・1/2本
    にんじん・・・・・・・・・・1/4本
    青じそ・・・・・・・・・・10枚
    マヨネーズ・・・・・・・・・・大さじ3ぐらい
    塩胡椒・・・・・・・・・・適量
豆腐は絹でも当然問題ない。
ゆで卵ではなく生卵も良く合うのではないか。

下準備
1. 豆腐をキッチンペーパにくるんで重りをのせ水気を切っておく
2. 玉ネギを薄切りにして、5分ぐらい水にさらしておく
3. キュウリとニンジンも薄切りにしておく
4. しそを細かく刻んでおく
5. 卵を茹でて、ゆで卵を作っておく
豆腐の水は徹底的に切っておいた方が仕上がりが良くなる。
ニンジンは下茹でしてから使うのもいい。

作り方
1. 水気を切った豆腐をボウルに入れて細かく砕く
2. 全ての野菜をボウルに入れ、豆腐とよく和える
3. マヨネーズと塩胡椒、ゆで卵を加える
4. 卵を潰しながらかき混ぜて完成

切って混ぜるだけ、特に面倒な手順はない。

cooking-recipes-jp:

見た目はポテトサラダ「豆腐とたまごのマヨサラダ」 - オレシピ - 俺のレシピはお前のレシピ-

豆腐とたまごのマヨサラダの材料
木綿豆腐・・・・・・・・・・1丁
ゆで卵・・・・・・・・・・2個
玉ネギ・・・・・・・・・・1/4個(今回は新玉ネギを使用)
きゅうり・・・・・・・・・・1/2本
にんじん・・・・・・・・・・1/4本
青じそ・・・・・・・・・・10枚
マヨネーズ・・・・・・・・・・大さじ3ぐらい
塩胡椒・・・・・・・・・・適量
豆腐は絹でも当然問題ない。
ゆで卵ではなく生卵も良く合うのではないか。

下準備
1. 豆腐をキッチンペーパにくるんで重りをのせ水気を切っておく
2. 玉ネギを薄切りにして、5分ぐらい水にさらしておく
3. キュウリとニンジンも薄切りにしておく
4. しそを細かく刻んでおく
5. 卵を茹でて、ゆで卵を作っておく
豆腐の水は徹底的に切っておいた方が仕上がりが良くなる。
ニンジンは下茹でしてから使うのもいい。

作り方
1. 水気を切った豆腐をボウルに入れて細かく砕く
2. 全ての野菜をボウルに入れ、豆腐とよく和える
3. マヨネーズと塩胡椒、ゆで卵を加える
4. 卵を潰しながらかき混ぜて完成

切って混ぜるだけ、特に面倒な手順はない。

(noriichiから)

378 リアクション

例えば、ニコニコ動画をみてみよう。ログインリンクなんて右上に小さく 存在しているだけだが、特に面倒とは思わないじゃろ? 既存ユーザーがリピート訪問するということは、すでにサイトの魅力が十分に伝わっているということ じゃ。つまり、「このサイトをまた体験したい」という明確な目的があるから、UIが小さくてもクリックしてくれるんじゃよ。そもそも、「TOPページにロ グインカラムがないからこのサイトは不便」なんて話は聞いたことすらない。サイト自体に魅力がなくてリピートしないという話はよくあるがな。

だから、TOPページではふらっとサイトにたどり着いた「一見さん」にどれだけ興味を持ってもらうかのほうがはるかに重要じゃ。それなのに、わざわざ最もユーザーの注目を集める左上部をログインカラムにしてしまうなど、本当にもったいないわい。
スクリプト[SQRIPT]開発日記 (via kasei-san)

(gallianoから)