mayonaka

Your awesome Tagline

4,084 リアクション

今日、行きつけのお店で同じ店の常連さんに「絵画展になんで絵を見に行くかわからない」と言われました。

曰く、「写真で見たって、ネットで見たって一緒じゃないか。ましてや、それを高い金出して買うなんて、本当にわからない。その辺、絵画好きな人に聞いてみたいので教えてほしい」というわけです。

別に絵画大好きということもないし、絵画を購入したこともない私になんで聞くのかよくわからなかったのですが、相手もまだ若い方だし、あまり真剣に聞くもので、私も真面目に答えたものです。

「絵画には筆致(タッチ)というものがある。長い時間をかけて画家が描き、またそれ以上に長い時間をかけて今に伝わる絵画はまさに生き物。写真では、その生きザマがよく見えない。絵画を見るなら写真で充分だが、絵画を感じようと思えば、やはり生で鑑賞したい。それと、絵画は時の経過と共に価値の下がらない稀な投資物件でもある。所有するステータスと共に、ノブレスオブリージュの意識の高い欧米では、富裕層が絵画を所有し守ることが文化財保護の仕組みにもなっている」というような説明をしました。

一通り説明したはずですが、相手の方は納得しません。

「見ることと満足を感じることは手段と結果で同じ線上だ。絵を見て満足するなら、それがコピーでもいいはずだ。投資というなら、もっといい投資がある。文化財保護っていうが、結局は物欲の結果であって奇麗事だ。やっぱり絵画の現物をありがたがる気持ちがわからない。言葉は悪いが、スノップの言い訳としか思えない」と食い下がります。

私もどこかでおかしいなと思いながら、返答します。

「現実に本物を見ればわかるが、現物と写真とではまったく色の深みが違う。理屈にはしにくいが、存在感と言ってもいい。投資というのは目利きが大切だから、絵が好きな人が絵画を投資の対象にするのは極めて安全な選択でもある。金の使い道を持て余す富裕層の所有欲を利用することで文化財が保護できるシステムは実利的だ。それがどのような動機であれ、現実に絵画は人々にありがたがられる存在に違いない」と説明しつつ、だんだん私が絵画愛好家の代弁者になっていくさまに、いささかアホらしさを感じました。

結局、アホらしいと思った私の方から、「あなたが絵画の価値に納得していなくとも、絵画に価値があることに変わりがない。あなたがわからない価値だからといって、価値がないわけではない。ただ、あなたが価値を見つけられないだけかもしれない。だから、わからないと思う価値に出会ったら、人に聞く前になにがいいのか価値を探してみたらいいと思う。あなたがわからない価値であっても、他の人には大切なものかもしれないので、くれぐれもそれを踏みつけにしないように」と話を切り上げました。

相手の彼は、それでも「私を納得させられない程度の価値に、絶対的な価値があるとは言えない。誰かの価値観を踏みつけにしているつもりはない。ただ、私は私にわからないものが存在したままなのが嫌いだ。そう言わずぜひこのまま議論してほしい」とがんばっていました。もう充分彼の質問の意図が見えた後でしたので、私はそれ以上その話題には乗りませんでした。

こうなっては、「わからないと言う以上は、わかりようがない」

それが彼へのただひとつの答えだと思ったのです。

結局、彼の質問は「○○がわからないから教えてほしい」と言いながら、「○○をありがたがるなんて、気が知れない」と言いたいだけなのでしょう。

「教えてくれ」と言いながら、すでに「んなもん気が知れんわ」という答えは心の中に確固として存在しているのです。ですから、聞かれた方がいくら言葉を尽くして説明しても「なるほど!」という答えが返るはずがありません。

それは、「議論しよう」と持ちかけながら、その実は論争を楽しもうとする姿なのです。

相手が自身の価値観に揺らぎを見せれば、折伏した勝利者としての自らに満足し、相手が言いよどめば、相手に無知の知を知らしめた自らに満足し、相手が激すれば、なお冷静な論理を紡ぐ自らに満足し、相手が降りれば、ゆるぎなき鉄の価値観を持つ自らに満足するというわけです。テーゼとアンチテーゼから昇華したなにかを得ようとする姿を借りながら、相手の答えが曲がらないかぎりは自らの答えをけして曲げる気がない、堂々巡りの価値観の剣闘です。

そんなことを思いながら、「わからない。なぜ?」と聞く前に、本当に自分にその答えを聞く気があるのか、そこを自問自答したいものだとじっと手を見ました。

具体的に話題にした彼には申し訳ないのですが、今年に入ってそういう問答が何度も私の身に降りかかったもので、いい機会と記事にしました。

「いい大人が、アニメやゲームやフィギュアになぜあんなに熱中するものか、わからない」というような、理性の皮を被ったオタク叩きの記事を見るにつけ、私は思います。

「本当はわかってるくせに。そんなことわかりたくもないと思ってるってこと」

本当はわかっているくせに - 背後からハミング (via naimononedari) (via karlmcbee) (via wonderthinkanswer) (via erohi)
2010-07-17 (via yasaiitame) (via takeakick) (via tatsukii) (via tkamiya) (via hanwarai) (via toronei) (via mcsgsym) (via quote-over100notes-jp) (via tatsukii) (via lovecake) (via yaruolikes) (via junsakura) (via itokonnyaku) (via bonnie-yt)

674 リアクション

意思のある人は、常に「次に何をしようか」と考えている。これは、現実のことしか考えていないということではない。小説を読んでも、「今日は元気をもらった。よし、明日からまたがんばろう」などと思う。すべてが最終的には「〜しよう」に結びつく。

意思のない人は、常に「次に何をしなければならないか」を考えている。そして、そこから逃げることを考えている。最終的には「〜しなくてもいい」に結びつく。

意思のない人は、「知らないから仕方がない」「できないから仕方がない」と威張って言う。これによって「しなければならない」を「しなくてもいい」に変えることができるからだ。本当は、こんなことは威張って言うことじゃない。「知らないから知りたい」「できないからできるようになりたい」と思わないとおかしい。

意思のある人間は何を言われようと常に自分で選択する。「相手の言うことを無視する」という選択肢を常に持っている。これが、意思のない人にはわからない。意思のない人は懸命に「しなくてもいい」を主張するが、意思のある人間にとっては、この言葉の意味がわからない。

「○○しなければならない」は「××したいのなら○○しなければならないが、××したくないなら○○しなくてよい」と同義である。つまり、「しなければならない」と「しなくてもいい」を分離することはできないのである。「しなければならない」か「しなくてもいい」かは、「××したい」かどうかで決める。「××したい」かどうかは自分で決めることである以上、しなければならないか、しなくてもいいのかは自分で決めることである。そして、人によって違うものである。

「○○しなければならない」とか「○○しなくてもいい」と言う時には、その前提である「××したいのなら」をきちんと読み取らないと、話がおかしくなる。この前提は、やった時にどうなるか、やらなかった時にどうなるかを比べれば、わざわざ言わなくてもすぐわかることだ。しかし、意思のない人は「××したい」を考える癖がないため、それを考えることを思いつかない。

自分の行動は自分で決める。自分以外に、自分の行動を決められる者はいない。これは誰が何と言おうと事実であり、変わることはない。問題は、それに気がついているかいないかである。

自由と意思 | iwatamの個人サーバ (via dorelax)

(edieeleeから)

1,353 リアクション

こんな時代に産んじゃって娘に可哀想な事したかなぁと母に零したら、「私の時代だって公害やらヒ素ミルクやら核実験やらで無事に育つか心配した。婆ちゃんの時代は関東大震災に戦争。その前は産まれて育つだけでも奇跡だった。いつの時代だって大変、だから大丈夫よ」だって。強いわ。
Twitter / もぐたお (via otsune)

(tenpadegoから)

1,985 リアクション

ピーラーの横にジャガイモの新芽取りが付いてるのはすごく便利で、考えた人は偉いと思うんだけど別に左右に2個付ける必要ないだろ、と思った瞬間”シンメトリ”って事に気付いて日本中に伝えたい

Twitter / arichang

手伝おう。

(via highlandvalley)

右利きも左利きもでも使えるようにするため。って思ったけどピーラーって裏表ないからやっぱりシンメトリ

(via mowsowzoku)

2012-10-06

(via mmtki)

手伝う。

(元記事: tkr (noriichiから))

874 リアクション

私が大学受かった時にうちの非道な父親が言った言葉。「よく頑張ったんだな。しかしよく覚えておけ。おれはお前が頑張ったかどうかなんてのは知らないけど、受かったからそう言うんだ。世の中は結果でしか判断しないもんだ。お前が落ちてたら頑張らなかったんだと思われる。」あながち嘘でも無い。
Twitter / 梅田友彦 (via otsune) (via hageatama) (via bardiche-side-b) (via quote-over100notes-jp) (via vmconverter) (via gkojax) (via hsmt) (via gojoh) (via neetria)

452 リアクション

バス停で数人の園児と一緒になる事がある
私はバス停のベンチに座っていたから子供の会話が聞こえてきた
その中にひどい言葉を言う子Aがいた
シネ。ぶっとばす。ばか。お前なんかしらねぇよ。そんなことばっかり言う子だった。
園児の中の一人Bが、Aの肩に手を置いて
B「Aちゃん、ばかって言っちゃダメ。みんな悲しくなるでしょ?
言ったひとはもっと悲しくなっちゃうでしょ?だから言ってはだめなのよ」
A「しらぇねぇよ、しねよ。3秒後にしねよ!」
B「Aちゃんは悲しいの?お花の心でお話しましょうってお母さん、いうでしょ?
おこってても、一度種からお花が咲くまで待ってからでしょ?」
A「・・・」うつむいてBに抱きつく
B「お花のこころ・・・」BはAの肩をぽんぽんしてた。
Bくんはいい家庭に育っているのではないかと思う。
今日から私もお花の心でがんばろう!と素直に思えました。
201207 続・妄想的日常 (via yue)

(neetriaから)

760 リアクション

どんな家をどうつくるかということに関して、今の日本にはノウハウがないんです。
僕の父も「こういうふうに家をつくりなさい」とは教えてくれなかった。学校の先生もそうです。なぜなら、この五十年ほどで、日本はコミュニティーのかたちも、家族のかたちも、コミュニケーションの方法も激変したからです。直系の大家族がいっしょに住んで、土間で作業をしたり、そういう生活だったんですよ、ついふた世代前までは。だけど、この50年で完璧に変わっちゃいましたね。昔は蜜柑が田舎から送られてくると、隣近所にお裾分けにいったりしましたけど、最近はお隣りさんとも会いません。だから、どうやって家をしつらえたらいいかなんて、親は子に教えられないし、学校でも教えられない。知恵が社会の中に蓄積されていないんです。
では、どこで学習するかというと、不動産屋のチラシで学習している。2LDKより3LDKのほうがいい、みたいな、家に対する欲望がそういうところで貧しく育成されている。日本人の家に対する欲望ってそんなところで寸止めになっているんですね。だから僕は欲望のエデュケーションということを最近は考えるようになった。
原研哉氏トークイベント採録(5/5) | くらしの良品研究所 | 無印良品 (via proto-jp) (via rosarosa-over100notes) (via nwashy) (via xlheads) (via yaruo) (via deli-hell-me) (via nobby0-0) (via galliano)

2,805 リアクション

「掃除機を買いたい」
「どんな掃除機がほしいですか? 機能は? 価格は?」

 このガイド方法は悪い例だ。「掃除機が欲しい」と漠然と考えている人(ニーズ)に、機能や価格といったウォンツ要素を質問しても、かみ合わない。

「掃除機を買いたい」
「部屋の広さは? 床の素材は?」

 利用シーンを訪問者に想像してもらい、機種を絞り込んでいく方法がニーズをウォンツにするための大切な手法だ、と解説した。

ASCII.jp:ネットショップが次の10年生き残るために必要なこと (via shimanashi)

(mekaraurokoから)

256 リアクション

若い兄ちゃんが携帯をいじっていた。隣にばあちゃんがいて、ばあちゃんは
「医療機器使ってるから電源切ってください」と言った。
その男は「来たメールを読んでるだけだから」と言って、いじるのを止めない。隣のリーマンが
「今は読んでるだけでも読んでるうちにメールが来るかもしれないだろ。切りなさい」
と言った。兄ちゃん、怒り狂った口調で「ああ?!!」
逆切れだ!リーマンやばいぞ!(兄ちゃんはかなりいいガタイ)
見てる人が皆そう思ったとき、兄ちゃんは携帯をリーマンに突きつけながら言った。
「見ろよ!俺に来た最後のメールは4ヶ月前だ! それ以来誰も送ってこないんだよ! 
今更誰が送って来るんだよ!!! 俺から送る相手もいないんだよ!!!」
みんな黙り込んだ。しかしその中に一人だけ、無愛想な顔をして彼に近付く若い女がいた。
彼女は男から携帯を奪い取ると何か操作をして、再度男に突き返した。
男が呆然としていると、女は自分の携帯をいじり始めた。
しばらくして、男の携帯が鳴った。
男は目を見開いてぱちぱちさせながら携帯を見た。
もうね、多分みんな心の中で泣いてた。男も泣いてた。
世界は愛によって回っているんだと実感した。
ばあちゃんは死んだ。

アフォBlog コ ピ ペ で 笑 っ た ら 死 亡 (via no-where—now-here) (via cxx) (via hitokara) (via hitode909)

(via yyuiseki)

(via 54kan) (via tsupo) 2008-02-03 (via gkojay) (via aohige) (via naha) (via sjmp) (via konishiroku) (via mittyoi) (via himatbshiz) (via neetria)

61 リアクション

教えるとは「希望を語る」ことであり、授業とは「相手の心に火をつける」営みのこと。しかし、二酸化炭素しかなかったら、火はつきません。まずは酸素のある環境を整えること。そこにそっと火を灯すと、心はひとりでに燃えはじめる。それが先生の持論です。
“これまで”が”これから”を決めるのではなく、”これから”が”これまで”を決める。理論物理学者・佐治晴夫さんインタビュー[STORY OF MY DOTS] | greenz.jp グリーンズ (via wagamamaya)

(wagamamayaから)